メディカルヨガコラム
メディカルヨガHOME > コラムトップ > ヨガ x スポーツ > ヨガとエクササイズの違い:14の視点

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

ヨガ x スポーツ

ヨガとエクササイズの違い:14の視点

ヨガのポーズ(アーサナ)とエクササイズの違いはなんだろうか?
エクササイズにはいろいろあるが、一般的に次のような視点で見てみよう。

1) ヨガでは酸素消費量は少なくなるが、エクササイズでは増加する。
2) ヨガでは呼吸の回数は少なくなるが、エクササイズでは増加する。一般的にエクササイズの多くが非常に短時間に激しい呼吸のもと行なわれる。
3) ヨガでは体温上昇はそれほど激しくないが、エクササイズでは著しく上昇する。
4) ヨガでは代謝率は下がるが、エクササイズでは上昇する
5) ヨガでは栄養や酸素は筋肉より臓器に多く送られる。対しエクササイズでは栄養や酸素を多く必要とするのは筋肉である。エクササイズでは大きな筋肉が主に働くが、これが使われなくなると脂肪に変わってしまう。
6) ヨガでは血圧や心拍数は減少するのに対し、エクササイズでは心臓に大きな負担がかかるため増加する。
7) 長期的にみるとヨガではエクササイズに対し食べる量が減る。
8) ヨガはEndoctorinal ( 大脳皮質の調和をとるのを助け、感情のバランスをとり人生に対し前向きな態度を持たせてくれる。
9) エクササイズが交感神経を優位にするのに対し、ヨガは副交感神経優位に働かせる。
10) エクササイズは関節に負担をかけがちであり、将来的にリウマチや硬化の原因となるのに対し、ヨガにおいては逆である。
11) ヨガは環境の変化に適応する力を高めてくれ、柔軟な対応ができるようになる。正しく行なえば、スタミナも高めてくれる。
12) 一般的なエクササイズと異なり、ヨガはゆっくりとしたペースで行なわれ、リラクセーションと気づきは心と体の調和を高め恵くれる。
13) エクササイズは体内の有害物質を増やすが、ヨガのポーズはそれらを除去してくれる。
14) ヨガは内面の気づきを促してくれるが、エクササイズにおいてそれは必要とされない。

ヨガのポーズは多種多様にわたるため、特定のエクササイズに一対一対応で説明できるわけではない。しかし、パタンジャリのヨガースートラによる「スティラム スーカム アーサナム」は「ヨガのポーズとは姿勢とあり方が安定していること、穏やかで快適であること」という意味である。

(出典)Mandala Yoga Ashram Difference Between Asana & Physical Exercise by Swami Nishchalanda Saraswati


ページのトップ