メディカルヨガコラム

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

リストラティブヨガ

ぼーっとするダイエット

リストラティブヨガをうけた方が口々にいうこと。
それは「なんでほとんど動いていないのに、とてもお腹が空くの?」「特に炭水化物が異常に美味しく感じられる」と。

脳の重さは、私たちの体重の約2%しかないそうです。
それなのに、エネルギーは20%、つまり脳だけで1/5も使っている。

そんなに燃料を消費する脳は一体何にエネルギーを使っているのかというと、
その5%は私たちがアレヤコレヤ考えて、知恵熱を出しそうになりながら、あれが正しい、これがいけなかった、これが好きだ、これはけしからん、と評価判断をしている活動に。
20%は己の維持修復に。脳もメンテナンスが必要だからです。
だけど、残りの75%は何に使っているかというと、なんと「ぼーっとしている時間」なのだそうです。この時間に脳がしている仕事をデフォルトモードネットワークと言いますが、ぼーっとしている間に脳はせっせと、いらないものを捨てたり(忘れたり)ごちゃごちゃになっている記憶を整理したりするのだそうです。

だからぼーっとする時間が少ないと、脳がエネルギー(糖)を使ってくれないし、頭の中は断捨離のできない部屋のようになってしまう。だからオーバーユースになって視床下部が悲鳴をあげ、ホルモン分泌や神経伝達が機能不全に陥ってしまう。

ぼーっとして、お腹を空かせて、美味しくご飯を食べて、頭の中をすっきりできるなんて。
だからリストラティブヨガはオススメなんです。


ページのトップ