メディカルヨガコラム
メディカルヨガHOME > コラムトップ > ヨガ x スポーツ > 世界最古のマーシャルアーツ:カラリパヤットを本場で学ぶ2016

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

ヨガ x スポーツ

世界最古のマーシャルアーツ:カラリパヤットを本場で学ぶ2016

アメリカでヨガを学び始めた私が、インドにおけるヨガの背景について学びを深めたいと思うきっかけになったのが、伊藤武先生との出会いでした。先生引率のバリやジョグジャカルタのツアーに参加し、耳を傾けるお話は子供のようにワクワクしました。

アーユルヴェーダを学びに南インドに行った時、ぜひカラリパヤットゥの道場をのぞいてきなさいとご助言いただいたのが、息子とカラリを習い始めるきっかけになりました。ヨガと癒し、回復、という概念を考えるとき、その背景にある「強さ」に対する興味が湧いてきました。

2016年6月25日出発にて、伊藤武先生にご同行いただき本場のカラリパヤットゥを体験するツアーを大陸旅遊さまにご企画いただきました。写真のように高く跳る日はまだまだ先になりそうですが、私と息子と共に体に胡麻油を塗って参加します。

世界最古のマーシャルアーツといわれる「カラリパヤットゥ」興味のある方はぜひご参加をお待ちいたしております。

お申し込みは大陸旅遊さままで。
9日間 358,000円
http://www.tairikuryoyu.co.jp/india/index.php

【パンフレットより】

〜お誘い〜
ヴェーダの知恵 ダヌルヴェーダ(武術)アーユルヴェーダ(医学)、そしてヨーガとタントラ(密教)の総合がカラリパヤット。ケーララのダンサーの訓練の基礎を提供するのもカラリパヤット。マルマも、本物はここでしか学べません。よくぞ残ってくれた、と感謝したくなる古代インドの遺産がカラリパヤットです。ケーララにご一緒しませんか。武術、ヨーガ、密教、アーユルヴェーダ、ダンスに興味のある方、皆様にオススメのツアーです。(伊藤武先生)

私自身、医療としてのヨガを学ぶにつれて「カラリパヤットゥ」への興味が深まってきています。今日知られているアーユルヴェーダは主に内科疾患を中心としたものです。しかし古えの医術の修行は、武術の稽古を通じ身体の構造と働きを自ら体感として把握することから出発したそうです。体の動きへ理解、そして武術の知識なくして、医師になることはできなかったのです。

息子と共にカラリパヤットゥを習い始め、痛烈だった印象は、先生が、子ども達5-6人を横一列に並ばせ、蹴りの練習をさせたとき「隣の子を見なくていい、だけど、隣の子の気配を感じ、できるだけ皆で動きをそろえるように・・・なぜなら、その方が美しいから」という言葉でした。現代はとかく空気を読む大切さが子ども達にも教えられる世の中ですが「KY」などの記号ではなく、こういう気づきから空気を読む大切さを教えた方が、理解の仕方も変わってくるのではないかと思います。

インドでは今でも「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」といわれており、幼少期より体を鍛える大切さがしっかり教えられているそうです。ボールゲームなどの「スキル」や「テクニック」だけではなく、人が生涯、心身ともに健康に生きていくのに不可欠なもの、姿勢、呼吸法、身のこなし、体への意識、集中力、自尊心、命の尊重、相手への思いやりなど。カラリパヤットゥにはこれらの要素がバランスよく含まれているように思います。

健康とは何か、鍛えるとは何か、という壮大なテーマを考えるヒントを一緒に探りに行きませんか。皆様のご参加をお待ちいたしております。(岡部 朋子)


ページのトップ