メディカルヨガコラム

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

ヨガの素敵なお話

どうしたのかな?

人は、自己防衛のために拒絶する。
それは普通のことだ。

娘に自分の大切にしているものを触られると、息子の免疫はビリビリしている。
「やーめーてっ!」「いやーっつ、もう!」

自分も、時々そういう言葉遣いをしているんだろうな、と反省しながらも、こういう提案をしてみた。
「やーめーてっ!」って言っているうちはずっと悲しいお気持ちだよ。
「どうしたの?どうしたのかな?何が欲しいの?何をしたいのかな?」
「これを触ってみたいんだね。これはお兄ちゃんの大事なものだから、代わりにこれを貸してあげるね」っていってみよう?

代わりのいいものがあると、ちゃんと落ち着く娘。

私たち大人の苦しみも同じような気がする。
もういやーっ!絶対これは許せない!ありえない!だめ!と思っているときは、気持ちがささくれてしまう。

ヨガとは、まずは自分に対し命令するのをやめ「どうしたのかな?自分」と声をかけてあげることなのかな、と思う。
「どうしたのかい、大丈夫かい?僕は君のことを心配しているよ。だって君は僕の宝物だから」そんなおとぎ話は私たちが子供の頃、私たちの心の中に確かに存在した。

ヨガとは命令し、強制し、なおそうとすることではない。
ヨガとは、案じ、包み込み、受け入れること。
助けてあげるのではなく、寄り添って(Serve)あげること。

自分に「どうしたのかな」と話しかける時間。
私もつとめて取ろうと思います。
まったく、子供達とのふれあいには毎日多くのことを教わります。


ページのトップ