メディカルヨガコラム
メディカルヨガHOME > コラムトップ > ヨガが役立つ未来 > ヨガの恩師への手紙:オバマ大統領来日

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

ヨガが役立つ未来

ヨガの恩師への手紙:オバマ大統領来日

ヨガの考え方は未来に役立つと思います。先日来日されたアメリカのオバマ大統領の「理解したい」という姿勢。それは最後は、ハグという行為になって人々を感動させました。心は見えないものですが、私たちはそこにオバマ大統領の「心」を見たように思います。

あまりに感動したので、ヨガの恩師であるJudith先生に日本人としてこんなお便りをしました。先生も、わたしの国の大統領が愛を伝えてくれてとても誇らしく思うとお返事くださいました。

******************

ジュディス先生、お元気ですか。

もうすぐIAYTのカンファレンスでアメリカに行きます。
アメリカに行くたびに、先生にお会いできたらよかったのに、と思います。

ご存知かもしれませんが、最近先生の国のオバマ大統領が私たちの被爆地広島を訪問しました。
日本人として、氏のスピーチにとても感動しました。
とりわけ、氏の「私たちの悲しみを理解したい」という姿勢にです。

氏の演説から、いくつか引用させていただきますね。
大統領は、もし自分がその立場だったらどうだろう、どれだけ人々が怖い経験をしたのだろう、ということの想像に努めていました。それはまさに同じ人と人としての思いを馳せているのです。

広島の人々のアンケートでは、オバマ大統領に求めるものは理解が謝罪を超えていました。そうです。私たちが欲しいのは謝罪ではないのです。理解したいという気持ちを見せられて私たちは初めて心を許すのです。それは、先生がいつも私に教えてくれたことです。

(引用その1)
だからこそ、私たちはこの場所に来るのです。
私たちは、この街の中心に立ち、勇気を奮い起こして爆弾が投下された瞬間を想像します。
私たちは、目の当たりにしたものに混乱した子どもたちの恐怖に思いを馳せようとします。
私たちは、声なき叫び声に耳を傾けます。
私たちは、あの悲惨な戦争が、それ以前に起きた戦争が、それ以後に起きた戦争が進展していく中で殺されたすべての罪なき人々を追悼します。

(引用その2)
そして、私たちが愛している人たちのことを考えます。たとえば、朝起きてすぐの子供達の笑顔、愛する人とのキッチンテーブルを挟んだ優しい触れ合い、両親からの優しい抱擁、そういった素晴らしい瞬間が71年前のこの場所にもあったのだということを考えることができます。

(引用その3)
世界はこの広島によって一変しました。しかし今日、広島の子供達は平和な日々を生きています。なんと貴重なことでしょうか。この生活は、守る価値があります。それを全ての子供達に広げていく必要があります。この未来こそ、私たちが選択する未来です。未来において広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、私たちの道義的な目覚めの地として知られることでしょう。

沈黙、傾聴、そして観察は人の心につながりをつくります。
情報の洪水、詰問、そして評価は人の心に距離を作ります。
そのことこそがヨガの教えなのだと思います。

あなたの国の大統領が広島で語った普遍的なメッセージは平和な社会へ私たち人類を大きく踏み出させることでしょう。

優しい気持ちをありがとうございます。
朋子

Dear Judith,

I hope you are well.
We are visiting Reston VA to attend the conference of IAYT next week.
Every time I visit U.S., I miss you.

As you might know, recently president Obama visited Hiroshima in Japan where the atomic bomb was dropped 71 years ago.

As a Japanese, I am moved by the speech.
Especially his message “ Receive “
Please allow me to quote 3 passage from his speech. He always imaged our situation as he might be. He tried to image our fear and sorrow. The message of compassion.
The number says that Japanese expect Obama for his visit, Understanding > apology. Yes, what we need is not apology. What we feel glad is compassion as you always taught me.

“ That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see. We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war and the wars that came before and the wars that would follow.”

“That is why we come to Hiroshima. So that we might think of people we love. The first smile from our children in the morning. The gentle touch from a spouse over the kitchen table. The comforting embrace of a parent. We can think of those things and know that those same precious moments took place here, 71 years ago.”

“The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting, and then extending to every child. That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare but as the start of our own moral awakening.”

Silent, Listening, and observation create compassion. Noise, Question, Judgement cause separation.
That is Yoga, I think.

I sincerely appreciate your nation’s president give us compassion to deliver the real message of universal piece.

Om Shanti,
Tomoko


ページのトップ