メディカルヨガコラム
メディカルヨガHOME > コラムトップ > ヨガが役立つ未来 > アメリカの国立補完統合医療研究所(NCCIH)

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

ヨガが役立つ未来

アメリカの国立補完統合医療研究所(NCCIH)

2016年のヨガセラピーと研究のシンポジウム(SYTAR) アメリカの国立補完統合医療研究所(NCCIH) で臨床改革の責任者を務めるJosephine Briggs 医師によるものでした。

アメリカでは44Mドル(約52億円)もの予算が心と体の健康の研究費に当てられています。(対し、自然商品への研究費は42Mドル)

NCCIHの研究の役割は、補完統合医療が従来医療にいい形で取り入れられるのに十分なだけのエビデンスベースを構築すること、とおっしゃっていました。

それがどんなに壮大で長い道のりかは想像に難くありませんが、国を挙げて達成に取り組む組織力にアメリカの底力を感じずに入られません。

NCCIHが公式にヨガの効果をまとめているページはこちら。

https://nccih.nih.gov/health/yoga/introduction.htm

 


ページのトップ