メディカルヨガコラム
メディカルヨガHOME > コラムトップ > 症例別ヨガの処方箋 > 更年期のバランスポーズクラスに学んだこと SYTAR 2016

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

症例別ヨガの処方箋

更年期のバランスポーズクラスに学んだこと SYTAR 2016

SYTARのバランスポーズのクラスが、更年期に応用できそうだ、と思い、まとめてみました。
よろしければ皆様のクラスにも取り入れてみてください。

********************

更年期はあらゆるバランスの崩れを感じる時です。
ヨガのクラスも、バランスを重視してやっていきましょう。

首の位置はバランスのためにとても大切
しっかりストレッチしましょう。

膝はどんどん弱っていきます。
だけど、あとから気づくものですが、膝はとても高価なもの。
壊さないように壊さないように、しっかりこすって、メンテナンスしましょう。

そして、膝に負担をかけないためにも、足首もしっかりストレッチしましょう。

手首に負担のかかる犬のポーズは椅子を使って簡略化。

ゆっくり交互にかかとを踏み込んで、バイシクル(自転車漕ぎ)
背中を丸めたりそらしたりしながら Cat & Cow (猫と牛のポーズ)
肩越しにお尻を覗き込みながら Wagging Tail (しっぽフリフリわんちゃん)
左手と右足を伸ばし、ゆっくり下ろす。右手と左足を下ろし、ゆっくり下ろす。

ランジのポーズはとてもいいバランスのポーズ。
後ろに引いた足の側の手を、前に押し出して、スタティスティクスを感じましょう。

椅子を使ったスクワット。

そして、寝転んだブリッジのポーズ。
更年期、観察してみましょう。
ブリッジポーズから、自分の体を床に降ろす時、あなたはどのようにおろしますか。
そして何を感じますか。降ろされた自分の体はどう反応していますか。
その感覚を通じ、自分とゆっくり向き合ってみましょう。

わたしは最後のブリッジの時間が一番好きでした。
やはりヨガの本質は 気づき > 呼吸 > 動き なのだと実感するところです。
それを逆にしている限り、ヨガをやっていてもヨガを感じることができないのだと思います。
私たちヨガセラピストの役割は、このような気づきを促す誘導をすることだと改めて感じます。
まだまだたくさん学ぶことがあります。


ページのトップ