メディカルヨガコラム
メディカルヨガHOME > コラムトップ > 症例別ヨガの処方箋 > 更年期のデトックスとエネルギーチャージ SYTAR 2016の学びより

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

症例別ヨガの処方箋

更年期のデトックスとエネルギーチャージ SYTAR 2016の学びより

SYTAR 2016の学びより

ランガナ
ブラマナ

この二つの概念を学ぶ

Langana (排泄、浄化、一般的にはクーリング)
Brahmana (新しいエネルギーを取りれる、広げる、一般的には温める)

しかし、Heating Langana
Cooling Brahamana というものもある。

Langana には 吐いたり、前屈したり、ひねったり、月をイメージしたり、ゆっくりチャンティングしたり
Brahamana には 吸ったり、バックベンドしたり、逆転したり、太陽をイメージしたり、などがあげられます。

万歳し、おろす。
吸って、万歳、吐いて脱力。
「ナモナマハー」(Namo Namah ) Namo も Namaha も Salute (ご挨拶)の意味があります。
吐く息を長く。

山のポーズをとってみましょう。
このポーズは、ウダナ(調整のエネルギー)とアパナ(下向きのエネルギー)のバランスを感じるポーズです。
自分の中に巡るエネルギーと足の裏のグラウンディングを感じてみましょう。

ウッティータアーサナでめいいっぱい上に伸び(ウッティータ:Raise Up )
ウッターナアーサナで、息を吐きながら前屈してみましょう(ウッターナ : 強いストレッチ)

そのあと、胸の前に手を合わせ、サマスティティ
自分が存在していることを感じましょう。
吸って、吐いて、の心地よい調和を感じましょう。

戦士のポーズ1番。
吸って両手を挙げ、履いて降ろします。
サマブリッティ(吸う息と吐く息が均等な呼吸法)

背伸びをして、手を下げて椅子のポーズ
腹筋を引き締めながら、Detox にいいポーズ(Heating ランガナ)

戦士のポーズ2番
平和の戦士のポーズ
少しひねりが入るので、消化力を高め、糖尿病などにもいいポーズ

椅子をひっくり返し、そこに枕を乗せ、背中にミニ、バック、アーチをつくり背中を預けてお休みする。
(クーリング ブラマナ)

今回のカンファレンスでは、マントラが持つ癒し効果についての科学的検証などもテーマにありました。
ナモナマハーと唱えながら、正直わたしは心の底から神様を意識しているわけではなく、言葉の響きに浸りながら声を出すのを楽しんでいるのですが、それでもその言葉を唱えるだけで、そのあとのヨガにとても入りやすくなります。「いよいよ始まったよ、ヨガの時間が」と思っています。

WHOも健康のためにスピリチュアル性は必要であると宣言しています。
http://www.who.int/hia/examples/overview/whohia203/en/

米国の大学病院が行った調査では、病を克服した患者へのアンケートで
何が病の克服をしてくれたかという問いに、「祈り」と答えた人が一位だったそうです。
それを経て、祈りについてWHO、NCCIH による研究が進んでいます。
ラリードッシー医師の研究が特に注目に値します。
http://ameblo.jp/tokyo1947/entry-11782990222.html


ページのトップ