メディカルヨガコラム
メディカルヨガHOME > コラムトップ > ヨガ x スポーツ > アスリートの育て方 《水戸ホーリーホック前原誠治コーチ》

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

ヨガ x スポーツ

アスリートの育て方 《水戸ホーリーホック前原誠治コーチ》

息子たちを連れ、あかつか慶友メディカルクリニック主催、「アスリートの育て方」をテーマにしたイベントセミナーに参加してきました。水戸ホーリーホックコーチの前原誠治氏にアスリートを目指すヒントをお聞きすることができました。

親としてとても良いお話を聞けました。

選手は、今に完璧を求め、今を信じ、今を信じられなくなると引退する。
指導者は、今の完璧は諦めるが、将来の完璧を信じ、将来に期待する。
不完全な今を暖かく見守るのが親や指導者の役割、

とのお話に、失敗や不完全さを赦し、伸ばしていくことはむしろ豊かなことなのだと、嬉しくなりました。

もう一つ、客席からの「思春期に入ったら親は影から見守った方が良いのか、いつも目の前で見守った方が良いのか」という質問に

親の立ち位置に白か黒はなく、自分だったらどんなだったら嬉しかったか、に立ち返ることが大切で、そうすれば実際自身の親の在り方がどうあったかに関わらず、感謝している自分に気づかないだろうか。
いずれにしても、名選手のほとんどが、親がいちばんのサポーターであり、応援者だったと確信している、というケースが多いようです。

とのお話に、それはサッカーに限らず、私たち親はこれからも色々迷いながら子供と接していくのだろうが、親が子供を想う想いというものは、もしかしたらちゃんと届くのかな、と思いました。ふと振り返ってみれば、10代の自分をいちばん励まし支えてくれたのは、紛れもなく両親でした。

イベントの福引では息子、ホーリーホックのバッグをゲット!
小学校に入ってもサッカーを続けます。
水戸に越し、スタジアムに足を運び、地元の方々の熱い応援に触れ、サッカーチームがある自治体で暮らすっていいな、と感じています。


ページのトップ