メディカルヨガコラム
メディカルヨガHOME > コラムトップ > ヨガはやさしいリハビリ > 間質の解明が、ヨガの効果を裏付ける?

コラム記事カテゴリー

症例別ヨガの処方箋

ヨガ×スポーツ

ヨガが役立つ未来

ヨガの素敵なお話

ヨガはやさしいリハビリ

リストラティブヨガ

メディカルヨガ公式サイト

ヨガはやさしいリハビリ

間質の解明が、ヨガの効果を裏付ける?

かつての顕微鏡での解析方法では観察できなかった「間質」と呼ばれる組織

体重のおよそ20%に相当する体液で満たされた間質は、強度の高いコラーゲンと柔軟性のあるエラスチンという2種類のタンパク質による網目構造で支えられており、臓器や筋肉、血管が日常的に機能するように組織を守る“衝撃緩衝材”のような役割を担っている。

また、注目すべき点として、体液の移動通路としての働きがある。この体液がリンパ系に流れ込むことで、いわば、免疫機能を支えるリンパの元となっているのだ。

この研究の行方は興味深いです。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180329-00010004-newsweek-int
https://gunosy.com/articles/aYDDR


ページのトップ