• シニアヨガ
  • リストラティブヨガ
  • ヨガと医療
  • 介護、病院、職場でヨガ
  • クロストレーニングヨガ
  • 乳がんヨガ
介護、病院、職場で
メディカルヨガHOME > 介護、病院、職場でヨガ(始めませんか、従業員ケア)

介護、病院、職場で

書籍のご案内

Yoga as Medicine日本語版 メディカルヨガ

赤ちゃんができるリラックスヨガ

メディカルヨガコラム

ルナワークスの指導者養成

乳がん×ヨガ ヨガという新しい乳がんケア

始めませんか、従業員ケア

福利厚生にヨガを活用

ルナワークスでは医療・福祉・介護の現場や職場への福利厚生としてのヨガの導入に関する講演・コンサルテーション・コラム執筆を積極的に行っております。

職場で行うヨガは身体の改善よりもむしろメンタルヘルスケアやストレスマネジメントを目的としています。身体を動かすことの少ないデスクワークによって、疲労姿勢や精神面の悩みを抱えた従業員の方々にとって、限られた休日の間でストレスを解消し、生産性の向上に努めることは簡単なことではありません。穏やかな心、協調性、集中力、冷静な判断が必要とされる職場においてこれらの問題の解決を未来への企業戦略として本気で取り組む企業が増えてきています。

また、イントラネットや社内紙で職場や家庭で簡単にできるヨガのポーズやヨガの考え方を社員の方々にお読みいただきながら、自分の心の健康の鍵を握るのは実は「軽い運動」や「穏やかなほんのひととき」であることを啓蒙いただくことも効果的です。 ヨガを用いた福利厚生にはQOL向上に関するたくさんのヒントが隠されています。職場のメンタルヘルス対策にご活用ください。
講演実績
講演実績 東京慈恵会付属病院

「ヨガを活用したJust for Todayの実践」 東京慈恵会附属病院 政医会発表

講演実績 都内労働基準局安全大会

「職場のメンタルヘルスとヨガ」 都内労働基準局安全大会

ルナワークスがサポートいたします お気軽にお問い合わせください。
福利厚生としてのヨガの導入に関する各種お問い合わせはこちらから

経営戦略の視点

従業員のメンタルヘルスケアこそ最優先投資項目「健康会計」
2008年2月5日の「日本経済新聞」の夕刊一面トップに「経済産業省と厚生労働省は企業におる従業員の健康管理情報の開示を進める新たな仕組みづくりに乗り出す。優良企業を認定する制度もつくる」といった内容の記事が掲載されました。

いわゆる健康会計は、(1)社員の身体的健康、(2)社員の精神的健康 (3)組織の健康、という三つの概念を数値化することで、その企業がどのような体制で従業員の働く環境づくりにとりくんでいるかを、外部から見られるようにしています。
メンタル対策、ストレス対策、ストレスに起因する様々な疾病の予防、メタボリック(生活習慣病)対策、感染症(インフルエンザなど)対策 などに関しての企業行動が、健康会計への記載を通じ、社会に公表され、株主や社員、利害関係者からの評価を受けることになります。

従業員の心身の健康こそ、これからの企業の成長する源泉となる、という理念に基づいた21世紀型の産業政策に期待したいものです。
健康会計についてはこちらも参考になります。

ページのトップ